カードローンの返済方法にはいくつかあります。
このサイトではカードローンの返済方法と特徴や注意点を解説します。

  • ATMでの返済
  • 振り込み返済
  • 自動引き落としでの返済


ATMでの返済

ATMでの返済は最もポピュラーな方法です。ATMは、各カードローン会社が運営するATMやその他提携ATMというのも使えます。提携ATMはコンビニATMや銀行ATMなどです。

ただ、カードローン会社が運営するATMで返済するのはちょっと抵抗ありますよね?なんといっても、大きな文字で「プロミス」や「むじん君」「レイク」といった看板がありますから、誰かに見られたら「お金借りてるね」と一発でバレます。

ところが、銀行カードローンは銀行のATMを利用するのでその点は安心です。まさか借りたお金を返済してるとは思われません。コンビニATMでの返済も同じように「借りたお金返してるね」とは思われないので安心です。

ただ、消費者金融のカードローンの場合、コンビニATMを使うと追加の手数料がかかるので注意しましょう。金額によって108円とか216円とかかかります。これは返済だけでなく借りるときもかかります。金利を気にする人は多いですが、ATM手数料も気にした方がいいです。

ちなみに銀行カードローンは、コンビニATMも手数料無料という銀行もいくつかあります。銀行カードローンは審査が厳しいと言われますが審査が通ればお得ですね。

ATM返済のまとめ
  • カードローン会社直営のATMは気が引ける
  • コンビニATMは手数料がかかる(特に消費者金融)
  • 銀行カードローンはコンビニATMでも手数料無料もある


振り込み返済

振り込み返済は、カードローンの指定された口座に銀行振り込みをすることで返済することができます。消費者金融や銀行カードローンの多くで振り込み返済にも対応しています。

振り込み返済のいいところは、インターネットバンキングを利用していれば自宅にいながらにして返済ができることです。近くにATMが無い、コンビニもちょっと遠い、でも返済日は今日だった!そんなとき自宅やオフィスあるいはスマホから振り込みで返済ができます。

振り込み返済の欠点は、振り込み手数料がかかってしまうところです。しかし、銀行カードローンの場合、その銀行の預金口座からの振り込み返済には手数料がかからないこともあります。

振り込み返済のまとめ
  • 自宅にいながらにして返済ができる
  • 近くにATMが無くても返済できる
  • スマホでも返済できる(いつでもどこでもOK)
  • 振り込み手数料がかかる
  • 銀行カードローンだと振り込み手数料無料のこともある

自動引き落としでの返済

自動引き落としでの返済は、自動引き落としを希望して追加の手続きをしないといけないので少し面倒ですが、一度自動引き落としにしてしまえば、あとは返済日を気にする必要はありませんから便利です。

でも、気をつけないといけないことは、引き落とし口座の残高不足。引き落とし日に残高がなければ返済ができません。これを繰り返していると貸し出しがストップされることもあるので注意しましょう。お給料の振り込み口座を引き落とし口座にすると残高不足が防げます。


自動引き落とし返済のまとめ
  • 返済日を気にする必要がない
  • 残高不足に注意
  • 給与振り込みと同じ口座から引き落とせば残高不足の心配なし


それではここで、振り込みや自動引き落としでの返済が可能なカードローンを紹介します。

金利が4.7% →3.0% にDown!、限度額が500万 →800万にUp!

融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 800万円!
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。
金利年3.0% ~ 18.0%
融資額最高 800万円
融資時間最短1時間(※)
※平日の14時までに審査完了することが条件
200*200
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
金利年4.5% ~ 17.8%
融資額最高 500万円
融資時間最短1時間(※)
※平日の14時までにWEB契約完了が必要
電話連絡、郵送物なしで家族にバレません!10秒簡易審査!
  • PCからWEB完結申込なら電話連絡、郵送物、ローンカード発行なし!(※1)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 消費者金融の中では金利が低い 年利 3.0~18.0%!
  • 消費者金融の中では限度額が高い 最大800万円!
  • 当日融資も可能(※2)
  • 電子領収書サービスでプライバシーも安心。領収書や利用明細書をネットでダウンロードすることもできる。
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。
金利年3.0% ~ 18.0%
融資額最高 800万円
融資時間最短即日(※)
※ 14:50迄の振込手続完了が必要(審査結果によっては不可)

アイフル

遂に30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円

※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。
金利 融資額 融資時間
年4.5% ~ 18.0% 最高 500万円 最短即日(※)
※申込みの時間帯によっては翌日以降になる場合あり

スルガ銀行グループ ダイレクトワン

月々4,000円からの返済
  • 月々4,000円からの楽々返済(融資額10万円迄の場合)
  • 年齢、年収、他社借入状況を入力するだけで借入可能かクイック診断できます。
  • 金利 4.9%~20.0% 融資限度額 最高300万円
  • 全国のコンビニATMが使えます。

金利 融資額 融資時間
年4.9% ~ 20% 最高 300万円 最短即日

楽天銀行スーパーローン

300万円まで収入証明書原則不要!
  • 大きな融資枠 800万円と低い金利 1.9%~14.5% が魅力!
  • おまとめ・借り換えとしても利用可能
  • 300万円以下なら収入証明書が原則不要(※1)
  • 申込+利用で楽天スーパーポイント31,000ポイント貰える
  • 最短即日融資も可能(※2)
  • 月々3,000円からの返済(※3)
  • 全国のコンビニATMが利用可
  • 口座開設不要

※1 300万以下でも審査によって収入証明書を求められることもあります。
※2 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※3 借入残高 10万円以下の場合。
金利 融資額 融資時間
年1.9% ~ 14.5% 最高 800万円 最短即日(※)
※ 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。

最低返済金額

カードローンには最低返済金額というのが決められています。10万円以下なら最低3000円とか7000円とか会社によっても変わってきます。

毎月の返済は、この最低返済金額以上の金額を返済しないといけませんが、この金額が低い程返済は「楽」ということも言えます。

しかし、最低返済金額でずっと返済しつづけると元金がなかなか減らずローンがなかなか完済しないということになります。最低返済金額が他社より高めに設定してあるカードローンはローンの完済が早く終わるというメリットがあります。

ローン完済が早いということはトータルの利息の支払いも少なく済むということになります。金利は同じでも最低返済金額の違いで支払う利息が大きく違ってくるということもあるので、最低返済金額には注意が必要です。しかも、トータルで支払った利息がいくらかなんて計算している人はいませんし、カードローン会社も教えてくれません。いつのまにか利息をたくさん払ってたということに気づきにくいのです。カードローン会社として利息で儲けているので長くゆっくり返済してくれた方が儲かります。なので今迄払っていた利息がいくらかなんて教えてくれないし、知らないで支払ってもらいたいと思っているのです。

追加返済をして返済期間を短くしよう

最低返済金額が低いカードローンを利用した場合は、お金に余裕がある時は積極的に追加返済をしましょう。住宅ローンで言う繰り上げ返済と同じでローンが早く完済できます。

カードローンはATMでいつでも追加返済ができますから臨時収入が入ったときに使ってしまう前にすぐに返済するといいでしょう。多く返済してしまったと思ったらまた借りれば良いだけですから、積極的に追加返済すると無駄遣いも減っていいですよ。

最低返済金額が低いとトータルの利息が多くなると言いましたが、逆にいいこともあります。それは本当にお金がなくて返済が大変な時です。

毎月、最低返済金額が返済できないと返済が遅れたということになって今後の借入にも影響してきます。最低返済金額が低ければ、毎月の返済が少なくて済むのでお金がないときでも返済できないということが回避しやすいです。

最低返済金額が低いとトータルの利息は多くなるということを理解した上で、お金があるときは積極的に追加返済していけば、借金を上手に活用できます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ